無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3





そんなとある日、

今まであまり話さなかった
不思議な彼と仲良くなった。


정우
정우
早く寝なきゃお肌に悪いよ?
You
You
え…。


夜遅くて誰もいないと思ってたからびっくりした。


ずいぶんと綺麗な人だなぁ、とか思って

よく見たらジョンウオッパが微笑んで立ってた。

You
You
あぁ、なんか寝れなくて…笑
정우
정우
一緒に寝る?


この一言で、
彼は私の中のヤバい人リスト入り。


もちろん何度も話したことはあるんだけど、

なかなか何考えてるかわかんなくて、

ずっと微妙な距離感だった。


だからジョンウオッパのことをよく知らなかったんだ。


まさか、変態キャラだなんて…。

정우
정우
待って!間違えた!
You
You
えっ
정우
정우
違うの、忘れて!


必死になってるジョンウオッパが可愛くて、

つい笑ってしまう。

정우
정우
わ、笑わないで…
You
You
ごめんなさい笑
정우
정우
あと、一緒に寝るんじゃなくて、その…
You
You
정우
정우
僕の部屋来て?


あのー。

同じ意味では?


정우
정우
最近あなたちゃんがお肌の管理サボってるから、僕がいろいろ教えてあげたいな〜、って…思ってた。


何気に傷つきます…。笑


とりあえず、変態では無いことは分かった!


たぶん、不思議な人なだけで

だいぶいい人だ。
You
You
よろしくお願いします…笑


この日からジョンウオッパは、


私のお肌の管理担当。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

kana .*
kana .*
open ☟☟☟ 見てくれて こまうぉよ. SEVENTEEN WannaOne NCT etc… 『星の流れる道』NCT 💚 🧚‍♂️🧚🧚‍♂️🧚🧚‍♂️🧚🧚‍♂️🧚🧚‍♂️ ✔ 2019.1.15
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る