無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

下校🌼
E-girlsと別れて下校。

門から出て帰る生徒がいる中キラキラとした男子集

団が優美とあなたの所までやってくる

「何事?!かっこいい!キャーー」っと他の生徒は

ザワザワしている。



三代目JSB
三代目JSB
ねぇねぇ
佐伯優美
佐伯優美
ん?私たちかな?(あなたにだけ聞こえるように)
五十嵐あなた
五十嵐あなた
ん〜だと思うけど向く?(優美だけに聞こえるように)
佐伯優美
佐伯優美
うん向いた方がいいでしょうね笑(あなたにだけ聞こえるように)
五十嵐あなた
五十嵐あなた
‪笑(優美だけに聞こえるように)
佐伯優美
佐伯優美
はい私たちですか?
GENERATIONS
GENERATIONS
うんそうだよ
佐伯優美
佐伯優美
なんでしょう?
TheRAMPAGE
TheRAMPAGE
俺ら男子の生徒会だよ
知ってる?
佐伯優美
佐伯優美
あっはい。男子と女子の生徒会があるのは知ってます。
三代目JSB
三代目JSB
珍しいね
俺らが近くにいて騒がないの
佐伯優美
佐伯優美
えっそうなんですか?
三代目JSB
三代目JSB
うん
GENERATIONS
GENERATIONS
まぁ話したかっただけだしこれでじゃーね(*´︶`*)ノバイバイ
佐伯優美
佐伯優美
あっはい
〜ーーーーーーーーーーー
その頃男子の生徒会と優美とあなたを見ていた集団がいた。
それは…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょうど半端なところで終わります。