無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

144
2021/03/24

第8話

🤍
ラ「 おはようございまーす 」



『 ラウぅぅうううう!!! 』



ラ「 え、ちょっなに?! 」



『 恋しちゃったのね、ママに話してみな 』



ラ「 え? 」



楽屋に入るとあなたちゃんが詰め寄ってきて


急にわけわかんない話をしてくる。



ラ「 ちょっと誰か説明してよ 」



目「 さっきテレビでハニーレモンソーダの

予告やってたんだよ 」



『 ラウー…おばちゃんじゃダメ? 』



ラ「 あなたちゃんはおばちゃんじゃないし

俺は大好きだよ? 」



『 ラウ!!! 』



岩「 すげぇ笑 ラウで感情表してる笑 」



向「 なー俺のラウに抱きつかんとって! 」



『 え、私じゃないの? 』



向「 当たり前やろ 」



『 ちぇっ 』



佐「 俺はきなちゃんに抱きつきたーいー! 」



ラ「 やだ、離さないもん 」



『 あ、てかラウ制服のままじゃん 』



阿「 今なの?笑 」



『 今日は学校楽しかった?嫌なこと無かった? 』



ラ「 うんっ、あのね今日先生に褒められたんだ〜 」



『 そうなの、偉いねぇ〜 』



深「 ねぇ、あの2人は親子なの? 」



渡「 まあ間違いではねえな笑 」



みんなが茶化してそうやって言ってくるけど


俺は本当にあなたちゃんは第2のお母さんだと思う。


学校でやな事あったら相談乗ってくれるし


勉強教えてくれたりするしいい事あったら


いっぱい褒めてくれる。


自分のことでいっぱいいっぱいなはずなのに


ちょっとでもなんかあったらすぐに気づいて


心配してくれたり声をかけてくれる。


俺はそんなあなたちゃんがだいすき!



ラ「 ねー 」



『 んー? 』



ラ「 これからも俺のお母さんでいてね 」



『 ふはっ笑 なにそれっ 』