第3話

さん
1,104
2023/04/04 18:17



それからというもの。ほとんど毎日のようにさとしくん家に遊びに行った。




あなた
さとしくーん。来たよ~
さとし
さとし
いらっしゃい!さ!あがって
あなた
お邪魔します~


さとしの部屋


ガチャ



あなた
あれ?ブラックいないね
さとし
さとし
ホントだ。さっきまではいたのに…



あれ?なんか、視線が…
ブラック
ブラック
ばぁ!!
あなた
うわぁぁぁ!!!!
さとし
さとし
うわぁぁぁぁぁ!!!!!!!ブラック!!
ブラック
ブラック
カカカッ!!二人とも全く同じリアクション。逆に凄いですねぇ
あなた
視線の正体ブラックかぁ(笑)
ブラック
ブラック
多分そうですね。



さとし
さとし
じゃあ、いつも通りゆっくりしてていいよ。
さとし
さとし
僕は漫画読む~!





ブラック
ブラック
ん~、、俺ちゃん。もう編集終えたのでなにもすることがありませんねぇ。…あなたさん。何かしません?
あなた
え?なにするの?
ブラック
ブラック
そうですねぇ、、、、
ブラック
ブラック
お互いの弱点を見つける。とか
あなた
いいね!やろう!
あなた
じゃあ、私から。



ブラックの弱点…か、、、無さそうだけど…
こちょこちょとか?
ブラック
ブラック
…もう見つけましたか?
あなた
ちょっと両腕あげて?






コチョコチョコチョコチョ


ブラック
ブラック
ブラック
ブラック
俺ちゃん…こちょこちょ効きません。
あなた
えぇ、、
ブラック
ブラック
…もしかするとあなたさん、こちょこちょ効いたりして…
あなた
な!!いやいや!!効かない!!


スリッ
あなた
んひっ
ブラック
ブラック
おや、やっぱり。猫じゃらしで首をくすぐってみたら、、案の定効いてますねぇ(笑)
あなた
どこから出したの!!
ブラック
ブラック
手のひらです。
あなた
なっっ、、
ブラック
ブラック
俺ちゃん一回目で弱点見つけちゃいましたねぇ。
あなた
わ、私がブラックの弱点見つけるまで続けるから!!
ブラック
ブラック
えぇ、もちろん。


余裕そうにしてるのも今のうちだ!!




数十分後



あなた
ぜんっぜんダメだ…
ブラック
ブラック
カカカッ!!もうギブアップですか?
あなた
うん。ギブ…もう見つけれそうにないよ…


ブラック
ブラック
じゃあ、俺ちゃん。調べるものがあるので。



そういい、机に戻るとパソコンをいじり始めた
あなた



ブラックの耳…尖ってる…悪魔だから当たり前なんだけどね。







スッ







ムニッ


ブラック
ブラック
んヒャッ!!??
あなた
えっ、、
え、あれ?私…いつの間に耳を…



てか、今の声なに!!?!?!?!?
なっ、え????可愛すぎない??もしかして、弱点、、!!?
あなた
えっと、…ブラック…?



ブラック
ブラック
あの、、今の…聞かなかったことに…できます…?
あなた
え、、?
ブラック
ブラック
実は俺ちゃん、、、耳弱いので…
ブラック
ブラック
気抜いてないときは大丈夫ですけど、今みたいに気を抜いていたら…効いちゃうんです。
あなた
あ、そうなんだ。…ちょっと気になって、、、気づいたら耳に手が
ブラック
ブラック
まぁ、仕方がありません。弱点がバレてしまったのでこれからもっと警戒する必要がありますねぇ。


んな!!警戒されたらあの声二度と聞けなくなる!!?

ブラック
ブラック
おやおや?警戒されたらあの声二度と聞けなくなる!…とか思ってます?
あなた
えっ!!?い、、いや??別に?












ブラック
ブラック
まぁ、、別の機会に。




プリ小説オーディオドラマ