無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

68
2021/09/02

第5話

スカウト
小学6年生の4月。





家族でお出かけしていた時のこと。


あの…
ママ
はい?
立花 航(マネージャー)
突然、申し訳ございません。
わたくし、ジャニーズ事務所のスタッフをしております。立花航と申します
ママ
ジャ…ニーズ事務所?!
立花 航(マネージャー)
はい。実は今、ジャニーズに新たなる風を吹かせたいということで
女の子のタレントを探していて
お宅の娘さんがすごくかわいらしかったのでうちで一緒にお仕事できたらと思い
お声をかけさせていただきました
城宮 〇〇
え…
ママ
うちの子ですか?!
立花 航(マネージャー)
ジャニーズに興味あったりしますか?
城宮 〇〇
(( 首を横に振る
立花 航(マネージャー)
なら良かった。もちろんご家庭の事情があると思いますし、強制はしないですが
ダンスや歌の経験がなくても大丈夫ですので、少し考えていただけませんか?
パパ
うちは無理です。
娘は人前が苦手でそういうのやるタイプじゃないですし、望むわけないので。
申し訳ないですが他へあたってください
立花 航(マネージャー)
そうですか…
ママ
いや、少し考えてもいいですか?
娘とも話したいので
パパ
おい!
ママ
帰って話し合いましょ
立花 航(マネージャー)
ありがとうございます!
これが事務所の電話番号ですので
もし入ろうと思っていただけたら
かけてください
ママ
分かりました
立花 航(マネージャー)
では、私はこれで…
お時間割いてくださり
ありがとうございました🙇🏻‍♂️



それから帰るまで、不穏な空気が流れ





家に着いたらすぐに緊急家族会議が開かれた。


パパ
なんであの場で断らなかったんだ。
あのまま流せば良かっただろ!
ママ
せっかくのチャンスなのよ?!
この子がスカウトされたんだから
そんな簡単に断れるわけないじゃない!
パパ
だからな!さっきも言ったけど、お前はあなたにできることだと思ってるのか?!
芸能界だぞ?!ジャニーズだぞ?!
あなたがあんなに大勢の人の前で
歌ったり踊ったりできるわけないだろ!
城宮 〇〇
ママ
でも、あなたはまだ小学生よ!?
未来はまだまだ明るいじゃないの!
パパ
そういう問題じゃないだろ!?
自分の娘にこんなこと言いたくないけどなぁ、こんなに人前が苦手なのに
ジャニーズなんかに入ったら大恥だぞ!
見てみろよ、芸能界なんか堂々としてる人しかいないじゃないか!
お前は自分の娘を苦しめるつもりか?!
パパ
ましてや、女がジャニーズに入ったって
絶対、世間から叩かれまくる。
それがあなたに耐えられるとは思えないし
娘が叩かれてるところを俺は見たくない
絶対ダメだ!
ママ
もちろん叩かれるかもしれない心配は私にだってあるわよ!でもあなたはかわいいし、芸能界に入ったら絶対人気出るわ!せっかくのチャンスなんだし、これをきっかけに人前を克服できるかもしれないじゃないの!もし、あなたがやりたいなら私はやらせてあげてもいいと思う
パパ
はぁ…くだらねぇ……
もういい。勝手にしろ。
もしあなたがやりたいって言っても
俺は絶対に認めないからな
パパ
(( 部屋を出てく
ママ
城宮 〇〇
ママ
あなたはどうしたい?
城宮 〇〇
私…は…
ママ
うん?
城宮 〇〇
笑わない…?
ママ
もちろん
城宮 〇〇
私…やってみたい
ママ
!?
城宮 〇〇
パパの言う通り、私なんかにできるわけないと思ってる。
でも私、自分を変えたい。
世間から叩かれて、私に耐えられるか
って言われたら正直、不安だけど…
今までの自分とは違う自分を見つけたい
ママ
城宮 〇〇
せっかくチャンスもらえたから
頑張ってみたい。
ママ、やってもいい…?
ママ
もちろんよ(泣)ママ、応援する。
あなたなら絶対に大丈夫だから。
頑張るのよ!!
城宮 〇〇
うん…!私、絶対にやり遂げる…!
パパを見返す…!
ママ
うん…!☺️



ここから動き始めた新しい人生の歯車。