無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

70
2021/09/04

第6話

初めてのレッスン
あなたSide





あれから1週間。





ママが立花さんに連絡してくれて、
私はジャニーズ事務所に入所することになった。





パパは相変わらずで認めてくれないし、
口もきいてくれないけど…





絶対に見返したい一心で私は頑張るって決めた。















そして今日は初めてのレッスンの日。





4月に入所したJr.が集まってレッスンするらしい。





50人くらいいる中でもちろん女子は私だけ。





周りから悪口言われたりするだろうし
辛い思いすると思うけど、私は頑張るんだ。


ママ
あなた、準備できた?
城宮 〇〇
うん!ジャージと水筒、持ったよ!
ママ
携帯とお財布も持った?
城宮 〇〇
持った!
ママ
ほんとに一緒に行かなくて大丈夫?
城宮 〇〇
うん、大丈夫!
ママ
じゃあ…頑張ってね?
今日1日で辛いことが
いっぱいあるかもしれない。
でも、あなたなら絶対大丈夫だよ。
ママはずっと味方だからね
城宮 〇〇
うん…!ママ、ありがとう!
頑張るね…!行ってきます!
ママ
行ってらっしゃい!



お母さんの言葉を聞いて
私は1人じゃないんだって思った。





お父さんが認めてくれなくても、
私にはお母さんがいる。





そんな気持ちを胸に電車に乗り、
ジャニーズ事務所へ向かった。















電車に揺られること35分。





ジャニーズ事務所に着いた。





1回、ママとマネージャーになってくれたわっくん(立花さん)とジャニーさんに挨拶に来たから
事務所に入ったことはある。





でもやっぱり建物はすっごい大きくて。





こんな大きな事務所に所属したんだって思うと、
緊張で震えてきた。





その時…


立花 航(マネージャー)
あっ、あなた〜!
城宮 〇〇
わっくん!おはよぉ!
立花 航(マネージャー)
おはよ!1人で来たの?
城宮 〇〇
うん!
立花 航(マネージャー)
偉いじゃん笑
城宮 〇〇
もぉ〜、バカにしないで笑
立花 航(マネージャー)
ごめんごめん笑



優しくて面白いわっくんにはすぐに心を開いて
すごく親しくなった。





こんな私にも「タメ口でいいよ」って言ってくれて
マネージャーさんだけど、変に距離を感じないで
話せるようになった。


立花 航(マネージャー)
あなた、緊張してる?
城宮 〇〇
そりゃあしてるよ…
私、ちゃんとできるかな…
ダンス経験、ほとんどないのに…
立花 航(マネージャー)
まぁ、あなたなら心配しなくても大丈夫
城宮 〇〇
うん…



.


立花 航(マネージャー)
はい、着いた。ここがあなたの更衣室な?
あなたと女性スタッフしか
入れないようになってるから安心して
城宮 〇〇
分かった。着替えてくるね
立花 航(マネージャー)
おう



それからジャージに着替えたんだけど





途端に緊張すごくなってきた…どうしよ…


城宮 〇〇
着替えましたぁ…
立花 航(マネージャー)
お、いーじゃん!
立花 航(マネージャー)
じゃ、行こっか
城宮 〇〇
うん…(ヤバい、緊張…)



更衣室を出て、レッスン室に向かった。





大人数入るレッスン室には、たっくさんの人が。





入ってすぐ、周りからは「え、なんで女いんの」
「ここってジャニーズだよな」などの声が多数。





その瞬間、やっぱり無理かも…と
早速、人見知りが発揮しそうになった。


立花 航(マネージャー)
あなた、俺、別の仕事行かなきゃいけないんだけど大丈夫か?
城宮 〇〇
あ、う、うん…
立花 航(マネージャー)
もし何かあったら、その辺にスタッフが
いっぱいいるから声かけて。
みんなあなたのこと分かってるから
城宮 〇〇
分かった…
立花 航(マネージャー)
じゃ、頑張ってな



わっくんが出ていった瞬間、
周りの視線がこっちに向けられた。



ヤバい…どうしよう…震え止まらない…


周り
は?なんで女がいんの?
周り
それな?なんなのか知らねぇけど
ウザい笑 目障りだわ



怖い…怖いよ……


あの…大丈夫ですか?
城宮 〇〇
えっ?!
ごめんなさい、何か震えてたんで…
大丈夫かなって思って
城宮 〇〇
あっ、あの、だ、大丈夫ですっ…
ご、ごめんなさい…



1人の男の子が声をかけてきた。



突然すぎて人見知りが出ちゃった…


大丈夫なら良かった。
中島 健人
あ、俺、中島健人って言います。
中学3年です。君は?
城宮 〇〇
あっ、えっと…し、城宮…あなたです…
小学6年…です
中島 健人
小学生?!見えない!笑
良かったら友達になろ!
城宮 〇〇
え、いいんですか…?
中島 健人
うん!せっかくだし!
あなたって呼んでいい?
城宮 〇〇
あ、は、はい…
中島 健人
よろしく!あなた!
俺のことは健人って呼んで!
同期なんだし、タメでいいよ!
城宮 〇〇
え、あの…わ、分かった…
中島 健人
レッスン始まるまで
向こうでお話しない?
城宮 〇〇
あ、うん…!



初めてジャニーズで友達ができた…





もしかして健人くんは、私が悪口言われて怯えてるの気付いてくれたのかな……?





もしそうじゃなくても
こんな私に話しかけてくれたのが嬉しかった。


中島 健人
俺、4月20日入所なんだけど、あなたは?
城宮 〇〇
あ、私は4月23日…
中島 健人
え、3日違い?!笑
中島 健人
でも珍しいね〜、女の子がいるなんて。
俺、ビックリしちゃったよ笑
スカウトかなんか?
城宮 〇〇
うん
家族で出かけた時にスカウトされて…
中島 健人
へぇ〜!じゃあ、紅一点かぁ!
いーじゃん!あなた、かわいいしね!
城宮 〇〇
ありがとう…///
城宮 〇〇
健人くんは?
中島 健人
俺はHey! Say! JUMPの山田くんに憧れて
自分で履歴書送ったんだ!
まぁ俺の親、厳しいから
最初はめちゃくちゃ反対されてたんだけどね笑
城宮 〇〇
そうなんだ…
私もお父さんだけが全然認めてくれなくて…今もずっとなんだけど…
どうしたらいいんだろ…
中島 健人
あなたが頑張ってるの伝われば
きっとお父さんも
認めてくれるんじゃないかな?
城宮 〇〇
私ね、すごい人見知りで…
人前に立つのが大の苦手なの…
だから今ここにいるけど、ほんとは正直どうしたらいいか分かんなくて不安で…
中島 健人
そうなんだ(´・ω・`)
でも俺もちょっと気持ち分かるかもなぁ
城宮 〇〇
えっ?
中島 健人
自分でやりたいって言って
ここにいるけど俺も人前得意なわけじゃないんだよね…笑
初めてステージ立つ時とか、きっと俺も緊張しちゃうと思う笑
城宮 〇〇
何か意外かも…
中島 健人
え?笑
城宮 〇〇
いや、健人くん、すごい明るいし
緊張とかしない人なのかなって
勝手に思ってたから…
中島 健人
いや、そんなことないよ笑
中島 健人
でもさ、何かあった時は
俺が支えてあげる!
城宮 〇〇
えっ?
中島 健人
俺、弱い女の子ほっとけないんだよね笑
ライバルにはなっちゃうけど
一緒に頑張ろ!
城宮 〇〇
ありがとう…!(●︎´▽︎`●︎)
中島 健人
(かわいい…♡)