無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

 13
850
2022/06/11 05:27







  今、顔が見えなくても


  何年も会ってなくても


  扉の向こう側からでもその正体が分かる







 (なまえ)
 あなた
 ジニ久しぶり ㅎㅎ 
 ヒョンジン
 ヒョンジン
 何だ ㅎㅎ 
  声でわかったの? 
 (なまえ)
 あなた
 当たり前じゃん ㅎㅎ 




  ジニと呼んでいる男性は


  ヒョンジンと言って親の会社と仲が良い会所の息子さん


  そして、私の婚約者でもある





 ヒョンジン
 ヒョンジン
 改めてお姫様、誕生日おめでとう ㅎ 
 (なまえ)
 あなた
 ありがとう王子様 ㅎㅎ 



  政略婚約 … に近いのだが


  お互い仲が良かったので嫌な気もしずに


  一応婚約だけは書類上決まっている






 ヒョンジン
 ヒョンジン
 パーティーの後に贈り物渡すね 
  それまで楽しみにしてて 
 (なまえ)
 あなた
 ありがとう ㅎ 



  ジニは同い年なのにしっかりしていて


  会社の仕事も18にして任されているらしく


  このあと少しだけ会議があるそう


  「 寂しいなぁ 」とかほざいて


  私の手のひらに口づけするジニ





 (なまえ)
 あなた
 /////   
 ヒョンジン
 ヒョンジン
 お姫様またね ㅎ 




  朝から幸せな時間を過ごしたことで


  視界に映るもの全てが輝いて見える







  …  ただ1人を除いてね 、、、





 スンミン
 スンミン
 …  早くご朝食を、 




  

  口がへの字になって声も低くなるスンミナ


  今日は大変な日な予感がする …