無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

 8
993
2022/05/23 09:36









  恩返し中のイあなた


  恩返しに関しては難なく済ませてるけど


  少し、いや、結構重大な問題発生だ








 (なまえ)
 あなた
 雨 …   
 アイエン
 アイエン
 勢いが …   




  徒歩で若者が集まる


  ショッピングモールまで行ったから


  勿論帰りの手段も徒歩なのだが


  予想を上回る豪雨で帰ろうにも帰れない








  勿論、傘を買うお金なんて


  遊びに回したから無いに等しい







 (なまえ)
 あなた
 … スンミナ呼ぼうか 
 アイエン
 アイエン
 段々ヤバくなってる 
  あなたも大丈夫? 
 (なまえ)
 あなた
 イエニのおかげで何とか ㅎㅎ 





  タクシーを呼ぼうにもお金がなく


  バスも豪雨で遅れているから


  カトクでスンミナを呼んだが


  一向に既読がつかない







 (なまえ)
 あなた
 ぱぼ子犬 …  
  何してんのよ 、、、




  呼んだらすぐ来る子犬が


  既読もつかずに何をしているんだろうか 


  よほど忙しいのか …








 アイエン
 アイエン
 スンミンさんが来るまで中にいよ 
   そっちの方が濡れなくて済む 




  イエニの的確な判断で


  再度ショッピングモールの中に入るが


  周りの人も落ち着きがなくて


  そんな人たちを見れば私も不安になってくる







 (なまえ)
 あなた
 お家帰れるかな 、、   
 アイエン
 アイエン
 大丈夫だって ㅎㅎ 
  僕もいるしね? 





  小学校の頃は私の方がイエナより大きくて


  いつも憧れのお姉さん感をかましていた


  中学校にもなれば身長も同じになった


  周りの目も気にしてお互い喋らなかった


  でも、もう高校生


  私より頭ひとつ分大きくて


  筋肉も付いてガタイが良いイエナ









  なんだか、どこかの子犬さんに似てて


  不思議と安心する











  イエナの綺麗な瞳をずっと見つめていたら


  モールの扉が開く電子音がして


  開いた扉から聞こえてくる大好きな声











 スンミン
 スンミン
 お嬢、お待たせしました ㅎ 
   遅くなって申し訳ないです 、