無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

13
2021/06/20

第6話

久しぶり
あーあ……なんで私の人生こんなに嫌なことしかないのかな


勿論何度も産まれてこなけりゃよかったとも思った


死のうともした


けど結局死ねなくて


死にたいのに死ぬことができない、命を捨てられない私がもっともっと嫌いになった
望月 澪
望月 澪
荷物運んじゃうから湊斗手伝って
望月 湊斗
望月 湊斗
………おう
一番力のない私は先に家のなかに入って飲み物をいれてくるように頼まれた


もう、昼食の時間だから私が作って用意しておこうかな
(なまえ)
あなた
澪さーん、昼食私が作っちゃっていいですか?
望月 澪
望月 澪
え、作れんの!?ありがとー助かるわ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーcookingーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
よし、できた

久しぶりに作ったけど美味しいかな
(なまえ)
あなた
あの……とりあえず出来ました………
望月 澪
望月 澪
わあ、ありがとー!
私が作ったのはスパゲッティとサラダだ

スパゲッティは私なりに少しアレンジを加えた

美味しいと言ってくれるといいが………
(なまえ)
あなた
えっとぉ……どうですか?
望月 湊斗
望月 湊斗
うん、旨いよ
望月 澪
望月 澪
めっちゃ美味しいよ!
望月 澪
望月 澪
あなたの下の名前も一緒に食べよ
(なまえ)
あなた
………はい!
自分で食べて思った

意外に美味しい

こんな食事も久しぶりだ