無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,150
2018/02/08

第5話

お風呂
仲直りして、カンタがお風呂空いてるよって教えてくれて、ともくんと二人で入ることになったんだけど、二人で入るの久しぶりで照れちゃう。笑

あなた
あなた
ねぇともくん、私先入るから、あとから入ってきて?
トミー
トミー
なんで?一緒に入ろうよ。
あなた
あなた
だって、久しぶりで恥ずかしい///
トミー
トミー
こっちまで、照れるからその顔やめろ!笑
しゃあねぇなぁ、ここで待っててやるから、OKになったら言って。
あなた
あなた
分かった!
ありがとう。
私は先に入り、洗う。
洗い終えたところでともくんに声かける。
あなた
あなた
ともくん!お待たせ!
いいよ~!
トミー
トミー
はいよー!
(久しぶりだから、俺も恥ずかしいわ。)
あなた
あなた
ともくん先体洗う?
(湯船に入り、ともくんに尋ねる)
トミー
トミー
そうするわ!
あなた
あなた
じゃあ背中洗ってあげるね!
トミー
トミー
おう!
ともくんも体を洗い終えて、湯船に入る。
あなた
あなた
あぁー体大きいからお湯こぼれちゃうよー!
トミー
トミー
いいんだよ!笑

こっちおいで。
ともくんに呼ばれて、湯船の中で座るともくんの足に乗りラッコ座りで向き合う。
トミー
トミー
久しぶりで、俺も緊張するわ。
あなた
あなた
私も。
心臓バクバク。笑
トミー
トミー
どれ?[あなたの胸に耳を当てる]
トミー
トミー
ほんとだ笑
あなた、好きだよ。
そう言いながら、ともくんはキスをしながらあなたの胸を揉む
あなた
あなた
ンッ..アァ..触っちゃダメェ
トミー
トミー
声聞かせて?
そう言い、ともくんはあなたの胸を口に含む。
あなた
あなた
アァ...ハァ、ハア..アン.アァァ...
トミー
トミー
可愛い笑
あなたの突起を指で弾いたり、口の中で転がす
あなた
あなた
アン.アァァ...ヤメッ..アァァ..ハァハァ..
トミー
トミー
気持ちいいの?
あなた
あなた
コクン
トミー
トミー
じゃあこっちは?
ともくんがあなたの秘部に指を添える。
トミー
トミー
めっちゃ濡れてんじゃん。
これお湯じゃないよ?
ともくんはあなたの中に指を挿れ、あなたのいい所を刺激する。
あなた
あなた
アッ..そこダメ..アァ、アァァ..アン.アァァイッチャウ....ハァ..アァァイッチャウ..ともくんアァアァァ(ビクン)

トミー
トミー
あなたイっちゃったね笑

俺ももう限界。
挿れていい?
あなた
あなた
コクン
ゆっくりとともくんが入ってくる。
トミー
トミー
アッ..ヤベェ...キツッ..全然もたねぇわ///
あなた
あなた
アァ..アッ..ともくんのおっきい///
トミー
トミー
動くぞ!
上に座ってるあなたを下から、激しく突き上げる
あなた
あなた
アァァ..アッ//ダメェ...そんなに激しくしたらっ///
トミー
トミー
ヤベッ..全然もたねぇ...あなたイクぞ!
あなた
あなた
アァァアァァ..(ビクン)
トミー
トミー
ハァハァハァハァ...///
あなた
あなた
ハァハァハァハァ...////
トミー
トミー
あなた愛してる
あなた
あなた
私も。
ともくん愛してる
トミー
トミー
流して出るぞ笑
おいで。
あなた
あなた
ぅん。
身体を拭きながら、
トミー
トミー
後でゆっくり部屋でな
あなた
あなた
うん////






- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2回戦目は皆さんの妄想で笑

初めて裏書いたけどこんなんでいいのかな?
皆様アドバイスください笑