無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

113
2021/01/25

第4話

心霊写真
ある日男が、今日誕生日を迎えた
男の誕生日を祝うために友達は盛大なパーティーを開いた
ななもり
ななもり
ジェル君お誕生日おめでとう!
ジェル
ジェル
皆ありがとやー!わざわざ俺のために
パーティーは数時間続けられ時刻はもう0時を越えていた
そして最後に皆で写真を撮ることにした
さとみ
さとみ
押し入れをバックに撮ろう!
そう、友人の一人が言うとなー君は凄く嫌そうな顔をした
ジェル
ジェル
どうしたんなー君?
ななもり
ななもり
...このアパートのどこかの部屋にある押し入れの中には何かがいるという噂なんだ
なー君がそう言うとさとみ君が
さとみ
さとみ
別になー君の部屋にでるって訳じゃないんだろ?
と言われしぶしぶ写真を撮ることにした
次の日仕事を終えたジェルは写真を現像しに行った
現像しおわった写真を見てジェルは驚いた
なぜなら押し入れの隙間から誰かの目が覗いていたからだ
急いでジェルは寺に行き和尚さんに現像した写真を見てもらった
すると和尚さんは
和尚さん
和尚さん
この写真からは特に霊気は感じられないね多分この人は人間だろう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
莉犬
莉犬
解説
押し入れの中から覗いていたのはジェル君のストーカーだった
莉犬
莉犬
ジェル君は家に帰ったあと押し入れに潜んでいるストーカーに殺されてたかも
莉犬
莉犬
怖い((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ジェル
ジェル
ストーカーって怖いわー
莉犬
莉犬
ジェルにストーカーがいるわけないけどね
莉犬
莉犬
じゃあおつぷりー!
ジェル
ジェル
えっ!それ言い方なん!悪い方なんどっちやー!