無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

174
2021/01/17

第2話

海の思い出
莉犬
莉犬
これは夏のお話でね!
莉犬
莉犬
僕ね!海でおぼれちゃってすぐに陸に向かおうと足を必死にばたつかせたの
莉犬
莉犬
しばらくがんばってたら
莉犬
莉犬
あれ?って思ったの
莉犬
莉犬
気づいたらもう足がついてたんだよ!
莉犬
莉犬
いつのまにかそこまで移動しててあの時はすごく怖かった
莉犬
莉犬
もうダメかとおもったもん!
莉犬
莉犬
でもね涙はこぼれなかったけどね!ドヤッ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ころん
ころん
どこか怖い所あった?
るぅと
るぅと
ころちゃん本当にバカですね
ころん
ころん
なにーー!!どこがだよ!
るぅと
るぅと
だっていつのまにか移動するわけないじゃないですか!
ころん
ころん
あっ!確かに!
るぅと
るぅと
じゃあ僕が解説しますよ!
ころん
ころん
お願いします!ウキーー!
るぅと
るぅと
じゃあ解説しますね
るぅと
るぅと
このお話はおぼれかけた莉犬が必死で岸まで泳ぎ着いたとも読めるけど本当はちがうんだ
るぅと
るぅと
注目すべき所はここ「いつのまにかそこまで移動してた」
ころん
ころん
うんうん
るぅと
るぅと
そこ ソコ  底
そうこのそこは岸ではなく海底語り手はバタバタもがいた結果みすを飲んでしまい海底までしずんでしまったんですよ!
るぅと
るぅと
だから莉犬が「涙もこぼれなかった」と言っていた理由は水の中だったからなんです!
るぅと
るぅと
分かりましたか!ドヤッ
ころん
ころん
ドヤッとするのやめて!でもすご!
莉犬
莉犬
セリフ覚えるの大変だった
るぅと
るぅと
お疲れ莉犬
莉犬
莉犬
ありがとうるぅちゃん
莉犬
莉犬
じゃあ今日はここまで!
子供組
子供組
おつぷりー!
無犬
無犬
おつぷりー!
莉犬
莉犬
(作者いたんだ)