無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

39
2021/07/22

第5話

八ヶ峰の端っこの駐車場
これは僕の怖い体験です。
僕は八ヶ峰に寄り道しようと車で行きました。
莉犬
莉犬
八ヶ峰、この時期は薔薇咲いてるしみにいくかー
数分後…
莉犬
莉犬
薔薇はここらへん…
薔薇が枯れている。
莉犬
莉犬
枯れてるだけど、
莉犬
莉犬
もう、いいやーかーえろー
車に乗ろうたした瞬間………。
隣のドアが開いたのです。
莉犬
莉犬
(え?)
莉犬
莉犬
(誰?)
知らない男
知らない男
こんばんは
莉犬
莉犬
こ、こんばんは
莉犬
莉犬
(こう言う時は冷静に耐用しなきゃ)
その男性優しい見た目な男性でした。
数分後…
知らない男
知らない男
ありがとうお話楽しかったよまた、お話できると嬉しいな
その男性は山えと、帰ったのです
次の日
莉犬
莉犬
昨日さそんな事があってさー
るぅと
るぅと
莉犬それ昔そこに駐車場を止めた男性が自殺したって言うところだよ
莉犬
莉犬
ゾクッ
莉犬
莉犬
え?
るぅと
るぅと
そこに赤いコーン無かった?
莉犬
莉犬
うん、無かったよ。
るぅと
るぅと
いつもならあるはずなんだけど……
莉犬
莉犬
ま、まぁ気まぐれでしょ
るぅと
るぅと
でもあそこ本当に出るらしいよ、絶対に霊だよ
無犬
無犬
これはお母さんが二十ぐらいの怖い話です。
無犬
無犬
八ヶ峰に行くときはお気をつけて………