無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

一日の終わりも大変です

あなた「ふ〜」






夕食、入浴を終えて自分の部屋で横になっている。



ベッドの上でゆっくりと目を閉じて



今日1日の出来事を思い返す。



オフなのにこんなに疲れるとは…



恐るべしオッパたち。



ミンギュオッパと買ってきたお菓子やらを食べた後、



平穏に過ぎるなんてことは当たり前になく、←



1人で宿舎まで帰ったらクプスオッパに



“ なんで1人なの!? ” と小言を言われるは、



夜ごはんのときにミンギュオッパは水こぼすは、



スングァニオッパのビビン麺のはなぜか甘いし、



(のちにユン・ジョンハンの仕業と判明)←



騒がしさから逃れられることはなさそうです。








ウジ「あなたヤ〜、夜食食べない?」

ほら、寝ようと思っても御構い無しに



夜食常習犯のウジオッパは誘いに来ます。

あなた「太っちゃうからやだ〜」

ウジ「ええ?痩せたんじゃないの!?」

あなた「よく言うよ!!」

ウジ「見てるだけでもいいから来てよ〜…」

甘えたモード満載でお願いしてくるオッパ。



こーやって言ったら私が折れることを



よく知ってる確信犯だ。



だけど私も私でなんだかんだオッパ達の



楽しそうに食べている空間が好きで。

あなた「見てるだけだからね?」

なんて言ってしまうのはいつものこと。




結局ウジオッパ含む夜食仲間に



上手いこと言いくるめられ、



ちゃっかりトッポッキを食べちゃったのは



夢の中の出来事でありますように。