無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

勘弁してくれよ。
北澤 楓斗
北澤 楓斗
い・や・だ。
北澤 楓斗
北澤 楓斗
絶対嫌だゲームさせろ!!
南田 夕輝
南田 夕輝
えぇ!?似合うって!
南田 夕輝
南田 夕輝
お試しお試し!一回!
一回だけ着てみてよ!
北澤 楓斗
北澤 楓斗
お前の一回は一回じゃないぃぃ…
何故休日なら自分の部屋で


カップラーメン食べながら炭酸飲んで、


パーカーでヘッドフォンつけながらゲームする、


この俺が!!


休日に声を張り上げて騒いでいるのかは
金曜だから夜更かししてゲームしてて!


朝寝てたのに、


10時に家に乗り込んで親許すし!!
何で来たかと思ったらどーでもいい服!?
誰も俺のことなんざ見てねぇよ!
ゆーて〝あっ、多分引きこもり〟って思われるだけだよ!!
南田 夕輝
南田 夕輝
これ着てみて!お願いだって!
北澤 楓斗
北澤 楓斗
ゲームしたい。
南田 夕輝
南田 夕輝
じゃないと俺帰らず邪魔するよ。


颯斗のお母さんと。
北澤 楓斗
北澤 楓斗
母さん巻き込むなよ!!
南田 夕輝
南田 夕輝
ほらー、いいから!
この組み合わせ絶対良いって!
北澤 楓斗
北澤 楓斗
面倒臭い…早く帰って欲しいから着る。
南田 夕輝
南田 夕輝
はい、じゃどーぞ。
俺飲み物貰ってこよー。
北澤 楓斗
北澤 楓斗
自由か、滅びろ。
俺は夕輝が用意した、俺の持ってる服の中でチョイスされた物を着る。
着心地は悪くないけど。


鏡で見てみるか。
北澤 楓斗
北澤 楓斗
…!?
そんな奇跡のような姿が…!!


なんていう訳もなく。


そういえば忘れていた。





夕輝…ファッションセンス0ゼロに等しかった…!
気持ち悪いよ何これ。
タートルネックとジーンズって。


それで薄いジャケットとかちょっととかそういうレベルじゃない。


気持ち悪い。
俺は夕輝が階段上がってくるのが耳に入った瞬間。
ソッコーでさっき来ていたパーカーとスウェットに着替えた。
南田 夕輝
南田 夕輝
あれ?着なかったの?
北澤 楓斗
北澤 楓斗
い、いや?あ、あのさ。夕輝な。
南田 夕輝
南田 夕輝
んー?あ、美味しい。
いや野菜ジュース飲みながら話聞くなよ!?


かなり重要だぞこれ。
北澤 楓斗
北澤 楓斗
あのな、俺がお前の服選ぶよ。
南田 夕輝
南田 夕輝
え!?俺、パーカーやだ!
北澤 楓斗
北澤 楓斗
わ、分かった。
俺もお洒落にしてくから。
北澤 楓斗
北澤 楓斗
頼むからお前の服俺に選ばせて?
南田 夕輝
南田 夕輝
え?うん?いいよ?
と、このあと、夕輝の家に行って、


ここでまさか中学時代に手を出した、


着せ替えゲームの効果が発揮されるとは。


俺、天才。
こうして、まず見て幻滅されるとこは免れた。
もう仕方ない。無理だ。行くしかないんだ。
凄い行きたくないけど仕方な…
あぁぁぁぁ!!!せっかくの休日が!!
もう一時!?
お母さん優しい!!パン部屋に置いてくれてる!


急げ、せっかく、せっかくRPG進めようとしてたのに。


とんだ邪魔が入るとは。
もう来週来るな。ピンポイントで隕石落ちろ…
こうして、俺は初めてこんなバタバタした休日を終えたのだった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

MIRAN(ФωФ)
MIRAN(ФωФ)
お疲れのMIRAN(ФωФ)です。 フォロバ100%です! アニメ、漫画、声優、ボカロ、歌い手 大好きです!!! 気軽に話しましょう!! 小説いいなと思いましたら いいね、お気に入りよろしくです!! 作品宣伝してほしいっ!! 許可は…まぁ何処かのコメントで(笑) 小説を書くときのモットー! 其の1、必ず一話で1100文字越える 其の2、その場にいるような文で 其の3、つまらないのは作らない 家族の皆*◎*◎*◎*◎*◎*◎*◎*◎ 妹…きょーかちゃん!! *…葵 和神音ちゃん!!(わかちゃん) *…nanatoraちゃん!! *…雪夜祐希ちゃん!!(ゆっきー) *…ねと/yuki!!(ゆきちゃん) 弟…大嵐に吹き荒れる佃煮くん!! *…ゆっとくん!! *…音波流歌くん!!(りーくん) *…死神くん!!(しーくん) *…悪魔くん!!(あーくん) *…airiくん!!(あいくん) 三つ子の姉…ふぇる!!(ふーちゃん) 三つ子の妹…春瀬菜乃羽!!(なーちゃん) 大親友…yu.ri.ka!! リア友…🌻m i y u u(みしおwww) 家族、親友を意地悪しないでくださぁい。 関係募集中ですから! #ずっ友同盟 お前ら、自殺したら人生において全てに負けたと思え。 私は〝慰める〟ことはしません。 だから言葉もキツイです。 けど、怒ってません。 本心を伝えています。 そして、 貴方に〝アドバイス〟と〝少しの勇気〟を与えます。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る