無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ウチのギルドに入りませんか?
黄道 ギルドマスター
「黄道」へようこそ。
私は、ギルドマスターの古原こはらあやね。
あなたは?
_隆奈@りゅうな_
隆奈りゅうな
立本隆奈です……。よろしくお願いします……。
あやね
あやね
そんなに緊張しなくていいよ。
リラックスリラックス!
_隆奈@りゅうな_
隆奈りゅうな
は、はい……。
ギルドマスター──古原あやねさんは、意外と明るい人のようだ。
あやね
あやね
それで、私が今から話したいことはだいたい聞いていると思うんだけど……。
_隆奈@りゅうな_
隆奈りゅうな
あっ、昨日の件ですね。
あやね
あやね
そうそう。指名手配をボコボコにしたんだって? 凄かったらしいねー。
確か、美優みゆうが見てたんだっけ?
そう言って、あやねさんは鴨っちさんを見た。
_美優@みゆう_
美優みゆう
はい。そうです。
あっ、申し遅れました。ボクの名前は鴨脚いちょう 美優みゆうです。
名字に“鴨”という字が入っているので、鴨っちって呼ばれています。
美優さんがお辞儀をする。
あやね
あやね
美優の班は確か……。
千里ちさと深明みめいだっけ? 二人には話してある?
_美優@みゆう_
美優みゆう
はい。特に、千里にせがまれたので……。
あやね
あやね
そう。じゃあ話は早いね。
……あっ、ごめんね。実は今日話したいことはもう一つあって……。
二人の話についていけずに困惑している私を察したのか、あやねさんがこっちを見て話し始めた。
あやね
あやね
単刀直入に言うと、隆奈ちゃん、このギルドに入ってほしいの。
_隆奈@りゅうな_
隆奈りゅうな
えっ!?
私は思わず大声を出してしまった。
繰り返しになるが、私は旅に出るための資金を集めるための準備ということで、初心者向けのギルドを利用している。

つまり、もともと本格的なギルドに入る予定は全くなかった。
そんなエンジョイ勢の私に、いきなりガチ勢の、しかも最高ランクのギルドに入ってほしいなんて、一体どういうことなのだろう。
あやね
あやね
隆奈ちゃん、「十二支の才じゅうにしのさい」……って聞いたことない?
_隆奈@りゅうな_
隆奈りゅうな
「十二支の才」……?
王技おうぎのことですか?
王技──「十二支の才」は、十二人の者だけが持つという、魔法とはまた異なった能力のことだ。

詳しい能力は知らないが、生まれてから取得する必要がある魔法に比べ、「十二支の才」は先天的にその者に宿っているらしい。
あやね
あやね
そうそう。このギルドは、その「十二支の才」を持った人で構成されているんだけど、今まで一人足りない状態だったの。
そこで見つけたのが、隆奈ちゃんだったってこと。
_隆奈@りゅうな_
隆奈りゅうな
私が「十二支の才」を……?
確かに、昨日の件がその能力によるものであれば説明はつく。
あやね
あやね
もしかしたら、そうかもしれない。
心当たりはあるんだよね?
_隆奈@りゅうな_
隆奈りゅうな
まあ、心当たりがないこともないんですが……。
先天的にそういうものを持っているという話は聞いたことはないですし……。
あやね
あやね
能力の成長スピードは人それぞれだから、小さい頃は能力があまり目立たなくて気づかないケースも少なくないから……。
念のため、今から確かめてみたいんだけど……美優、競技場が空いてるか見てきてくれない?
_美優@みゆう_
美優みゆう
分かりました、見てきます。
そう言って、美優さんはすっと消えてしまった。
あやね
あやね
もう気づいてると思うけど、好きな場所に瞬時に移動できるっていうのが、美優の能力。昨日も使ったみたいだけど……。
_隆奈@りゅうな_
隆奈りゅうな
ですよね。昨日はびっくりしました。気がついたらみんないなくなってたので……。
_美優@みゆう_
美優みゆう
マスター、競技場は14時から禅林学園の剣術コースの練習試合が入っていますが、それまでなら使えるそうです。
あやね
あやね
四時間後か……。今から行けば間に合うね。
美優、アレよろしく。
_美優@みゆう_
美優みゆう
はい。それでは、隆奈様もお願いします。
美優さんが手を差し出す。
私がその手に触れると、いつの間にか、競技場に移動していた。
_隆奈@りゅうな_
隆奈りゅうな
わぁ……懐かしい……。
思わずつぶやいてしまった。
この競技場はさっきも言っていたように、剣術の授業で学生が利用することも多い。
私も剣術がメインではないが、授業はあったので何度か利用したことがある。
_美優@みゆう_
美優みゆう
もしかして、禅林学園の卒業生ですか?
_隆奈@りゅうな_
隆奈りゅうな
あ、はい。冒険者育成コースの……。
_美優@みゆう_
美優みゆう
そうなんですね! ボクは剣術コースでした。
じゃあ剣術は基礎だけですか……。
美優さんも禅林学園の卒業生らしい。
例え同級生でもコースが違うので、面識はなくても不自然ではない。
_隆奈@りゅうな_
隆奈りゅうな
はい。
あやね
あやね
それで……美優、相手は誰にする?
_美優@みゆう_
美優みゆう
強士郎きょうしろうがいいと思いますが……依頼が来ていて不在ですね。
あやね
あやね
そっか……。じゃあ美優、お願いしてもいい?
_美優@みゆう_
美優みゆう
ボクですか!?
弱すぎて相手になりませんよ……?
あやね
あやね
相手になるならないじゃなくて、隆奈ちゃんの能力の診断だから大丈夫!
_美優@みゆう_
美優みゆう
わ、分かりました……。それでは……お願いします。
_隆奈@りゅうな_
隆奈りゅうな
は、はい……。
状況がよく分からないまま、私の能力の診断が始まってしまった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

燕
つばめのすにようこそ。(謎キャラ) オリジナル作品書いてます。 お気に入り登録、いいね、コメントは強制はしませんがしていただけると創作の励みになります(誰) ☟こんな人です☟ 銀魂、俳優、バンド、ゲームが大好き。 小説のジャンルはファンタジーとコメディが好き。 ☟小説の特徴☟ アイデアが浮かんだ時に一気に更新 更新は 亀より遅い 自信あり(謎の五七五) しかも話のテンポがゆっくり目 気長に待ってくださるとありがたいですm(_ _)m 方言に関しては、変換サイトを使用しているので少しおかしい場合があります。ご了承ください。(おかしい所は遠慮なく指摘してください) タグ→つばめのたまご。 つばめがうみだすモノ、つまりつばめのたまごです。 この巣には様々なたまごがありますのでそれぞれ中を覗いてみてください(謎キャラ) Twitter(@elletsubame)でも #つばめのたまご で、近況報告していきます💪
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る