無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

仕方ないなぁ
あなた目線


『え"無理』


「「「「え」」」」


いきなりすぎる勧誘にえ"なんて変な声を出してしまった…恥ずかしッッッ


依仍「えぇ…い、いいじゃないですか?!💦」


角名「断るの早」


侑「なんでやぁぁぁぁ!!」
 

『急すぎるし、他にも人いんじゃん』


そしてうるさいぞ、私は目立ちたくないのだが


北「どうしても駄目なん?」


『無理無理。他あたって』


治「俺あなたさんじゃなきゃ受け付けません」


『治もなんなの』


依仍「お願いしますっ!(なんで私が土下座なんか)」
 

うわぁぁ土下座してるよこの子!!
目立つでしょ!?頭あげてよ?!


『待って待って!頭あげて?!やるからわかったから!!…あ』


依仍「ニヤ」


北「!本当やんな?」


私は勢いで思ってもないことを言った…最悪だ。
でも、北の明るくなった顔が可愛がったなんて言えない


角名「やったー美人マネージャーゲットー」


『倫太郎、スマホおろせ』


角名「え?」


『え?じゃないよ早くおろしなさい』


侑・治「いえーい」


双子はハイタッチなんか可愛い


依仍「じゃー早速!今日の放課後体育館で!」


まさか思ってなかったよね、これが地獄の始まりだって