無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

マネージャー依仍②
北目線


~その頃の侑達~


角名「あー逃げられちゃったね」


治「弱く掴みすぎたんかな」


北「(逃げてもうたか)」


あなたは走ってどっか行ってしまった
と、同時に俺達の前に1人の人影が走り去った


侑「北さん!あれ依仍ですよ!」


あー依仍か。


北「何しに行ったんやろな」


キーンコーンカーンコーン


『はぁ…』


チャイムがなったから侑達は教室に戻り、少し項垂れているあなたが戻ってきた


北「(依仍と喋ったんか)」


そう思ってあなたに声をかけてみる


北「あなた」


『あん?』


疲れとるんかな?


北「疲れてるんか?だったら暖かい飲み物飲むといいで」


そう言いながらポカポカレモンを渡す


『え?ええっと…どうも』


あなたはちょっと恥ずかしそうにしながら受けとる。
照れてるんかな?かわええな