無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

生活
あなた目線


あのカッター事件から私の学校生活がおかしくなった


『おはよ』


「「…でさーw」」


クラスでは無視されるし


『(移動教室かー)』


「「あの人って2年の依仍って子いじめたさ…((ボソ」」


グチグチ言われるし


キーンコーンカーンコーン


『昼休み…』


モブ「あなたせんぱーい💓」


え"誰こいつ←
シューズの色からして2年?


『えっと…なに?』


モブ「私依仍の親友なんですけど」


『は、はぁ…?』


モブ「依仍の事いじめるとかサイテーすぎるでしょ」


『あーね()』


この子は依仍ちゃんにそそのかされたんだ


モブ「わかった!!」


怒ったかと思えば急に表情を変えるモブ


モブ「依仍より好かれようとして宮くんとか北先輩とかに好きになってもらおうとか思ってたんでしょー!!」


『別にそんなこと思ってない』


これは本性だ。
でもたまに信介にはどきっとしたことがある


モブ「私2年の皆に言っちゃったかr『敬語』…言ったんでもう無駄ですよ」


先輩の威厳(?)という圧っぽいので敬語をつけさせる


『私用事あるからそんな無駄話してらんないんだよね』


モブ「だから嫌われるんですよ!!」


『……』


まぁ嫌われたのは私のせいじゃないしな!!…って開き直れたら楽なのになぁ


教室に戻ると信介が外を眺めていた


北「!…」


目があった…がすぐ逸らされる


これで味方0かぁ


『はぁ』


考えるだけでため息が出る。
あ、私も冷たくしてみればいいのか、押して駄目なら引いてみろみたいな(?)


北「……」



──作者───────

色葉でゅうぇす()

私明日発表&提出の紙まだ白紙なんですよね(..)

でもやるのだるいんでやりません((

謎の雑談すみません🌈