無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

出会い
あなた目線


~稲荷崎高校屋上~

モブ「あなたちゃん死ぬほど愛してます!!」

『……(転校2日目からこれかよ…)』

モブ「あなたちゃん?」

『じゃあ死んでみてよ』

私は低く冷たい声でそう言った

モブ「え…?」

あぁやっぱり

『ほら、死ねない』

モブ「………」

『会いたい、好きです、たまりませんとか誰でもいいのに言っちゃってんのがさ((バチン!)……は?』

モブ「?!」

そのバチン!という音と共に私の頬にはヒリヒリとした痛みが走った。
一瞬でわかったビンタされたんだって

『……は?(誰?)』

北「馬鹿にしたらあかん」

『馬鹿にしてないんだけど』

北「人の恋心へし折って何が楽しいんや」

別に馬鹿にしてない。相手が勝手に喋ってるんでしょ。そう言いたかったが相手の圧が凄すぎて言葉が出てこなかった

モブ「す、すみません!!(出ていく)」

北「さっきはビンタなんかしてすまんかったな。大丈夫か?」

『別に痛くないし』

嘘だ。めっちゃ痛い本当痛い!!そう思いながら屋上から出ていく

…これが私と信介の出会いだった



───────────追加────────────

こんにちは!色葉です!
ちょっとだけヨルシカ様の「負け犬にアンコールはいらない」の歌詞をいれてみました…是非お聞きください!!
次からLINE風?にしていこうかと思います✨