無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

え?
あなた目線


依仍ちゃんが部活に全然来ない。なんでだろう?


ガラッ


依仍「遅れてごめんなさい…」


「「「え…?」」」


信じられない


『なんで…』


依仍ちゃんが足に包帯グルグル巻きで松葉杖をついて体育館へやって来た


北「依仍?何があってん?」


依仍「長くなるので部活終わったらお話しますね…」


そう言って申し訳無さそうに笑う


依仍「あなた先輩すみません…」


『全然大丈夫だよ。』


そうだよ、いつもと変わらない。私がいつも仕事やってるんだから


侑「依仍は休みぃ!このブタ(あなた)がやるやろ」


治「せやなぁ」


角名「いっつも依仍に任せっぱなしだもんね」


─ ─ ─ ─ ─ ─ ─


私はその光景に驚いた


『は?』


ビブスをしまおうとして部室を開けると依仍ちゃんが松葉杖をつかないで歩いていた


『依仍ちゃん?』


依仍「あっ!あなた先輩💓」


『歩けるの?』


依仍「だって嘘ですもん」


言ったなこいつ←


依仍「他の人に言っても無駄ですよー?」


『言うつもりないし』


依仍「よかった!」


────作者───────────

稲荷崎戦、ハイキュー終わっちゃいましたね…

北さんが階段で放った一言にとどめを刺され無事大泣きの目パンパンでございます🙋

なんか今回くそつまんな(((

次からちゃんと書くます!!(?)