無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

やっぱりか
あなた目線


ガラガラガラ


信介より少し遅れて体育館に入る


『遅れてすみません』


やっぱりか。皆が睨んでくる


依仍「あなた先輩ごめんなさい💦」


侑「ええよ、こんな奴に謝る価値なんてあらへんわ」


『……』


角名「なに睨んでるんですか」


『別に睨んでないから』


あれ、今自分どんな顔してたんだろ??


北「休憩」


『お疲れ様』


ボトルを渡そうとしても



治「ボトル触らんでくれます?」


『それは無理』


だって無理でしょ。ボトル洗うのも私だし作るのも私だし


銀島「俺も飲みたないなぁ」


じゃあ飲まなければ。そう言いたい


侑「依仍が渡したのじゃなきゃ飲まへん」


依仍「侑くん!はい、どーぞ!」


侑「!!!ありがとな!」


『早くしないと休憩終わるよ』


侑「チッ」


『(当たり前の事言っただけなんだけどなぁ)』


なんて考えながらボトルを片付ける


依仍「あなた先輩💓」


『なに』


依仍「いいざまですよぉ((ボソッ」


『そう。』


依仍「チッ」


丸聞こえだっつーの




─────作者──────

昨日更新サボって申し訳ないです🌟

後私今日から??Twitter始めたんです!!((

暇な人話しましょう✨