無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

はぁ
あなた目線


これじゃあまるで私がやったみたいじゃん。


侑「…あなたさん!なんでカッター持ってるんすか?!」


『依仍ちゃんが自分傷つけようとしてたから』


私はできるだけの平常心で答える


依仍「あなた先輩!」


『…なに?』


依仍「私…もう耐えられません」


北「依仍?」


依仍「今まであなた先輩が皆に嫌われないように黙ってたけど…本当は私ずっといじめられてて…」


角名「今回のも?」


依仍「うん…」


治「最低やん」


『ち、違うじゃん』


なんでなんで、私やってないじゃん


『し、信介…』


助けを信介に求めた。信介なら信じてくれると思ってた。
けど…現実は甘くない


北「……」


哀れむような、でも少し悔しそうな表情をしている信介


『信じてくれるよね…?』


北「これは証拠があるで」 


『あぇ?』


北「そのカッター。持っとんのあなたやろ」


『だからってそうとは限らないじゃ』


侑「うっさい。喧しいで」


北「すまんな。証拠があるなら依仍につくしかあらへん…」


依仍「北先輩!!!」


北「大丈夫か?」


依仍「結構痛くて…あなた先輩。私許せませんよ…」


角名「別にこんなやつ許さなくていいんじゃない?」


皆が依仍ちゃんを保健室に連れていくときに私は後悔した


『…ぃ…っ…ば』


治「まだなにかあるん?」


『やってないってば!!!!!!!…ぁ』 


あー久しぶりに怒鳴った。
最悪



─────作者────────

北さんの事全然決まらなかったので友達に聞いたら「依仍側について欲しい」
との事だったので…すみませんでした💦←自分で決めろ

テストも無事終了です!!返って来たら庭に埋める予定です✊

💬ありがとうございます😭
励ましになってます✨