無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

痛い⑤&お知らせ
色葉ですです!

本編の前にちょっとだけ()

いつもの雑談&皆さんへの感謝&やりたいこと書きます(?)
 
見ていただけると幸いです🍀  

では本編どうぞッ



──────────────────





あなた目線


北「怪我してへん?」


焦った顔で走ってくる信介


『大丈夫だから、心配しないで』


心配してくれたのにちょっと言い方キツかったかな…


『掃除遅れるから行くね______っ?!』


立って歩こうとした瞬間いや、歩いた瞬間痛みが走った


北「あなた?」


『な、なに…?』


北「ほんまに大丈夫なん?」


『うん……っ!!』


あんなに強がっといて痛いとか言えないでしょ!


北「はぁ…」


スッ


『え?』


北「ほら、乗りぃや」


そう言って背中を出してきた信介


『乗りぃや…?』


言葉の意味を理解するのに10秒はかかったかな←


北「はよしぃ」


散々冷たい態度取ったのに乗せてもらうなんて図々しいにも程がある


『…悪いよ』


北「乗れや、主将命令や」


『ハイ。』


主将命令+少し睨まれた((言い過ぎです))顔されたら断れない
ずっと歩いて痛めるよりはましかなって思ったので大人しく(?)乗せてもらう


『お願いします』


北「おん。…っと」


『わぁ…!』


北「?なんや」


『な、なんでも』


おんぶされていつもより少し高い目線に驚きを隠しきれなかった


『(…なんでだろ)』


おんぶされて揺れる私に1つの疑問が浮かんだ






──────色葉────────

サボってしまったので土下座おいときます🙇

雑談) お手紙にハマりました!!((何時代だよ

感謝) デイリーランキング最高108位!
   この間まで150位だったのに…48位も上がっちゃって((合ってるよね??
   本当感謝しかないです😭


ということで❕長くなりましたがありがとうございます✨
更新🐢でアホで変なテンションの色葉ですが引き続きよろしくお願いします🙇⤵