無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

痛い②
あなた目線


うーわ…だる。


依仍「うぅ…ひっぐ…私この足のせいで…仕事できないのにっ…」


侑「依仍は骨折までしてるんやで?」


うん。で?


『だから私やってないって』


治「そないな言い訳せんでもええよ」


いやええよじゃないから


北「依仍、なんでそないなったかあなたに説明できるか?」


依仍「…はいっ」


依仍ちゃんは出てきた涙らしきもの(?)を一生懸命拭きながら話す


依仍「私っ移動教室で階段を降りようとして足をかけたんです…そしたら後ろからドンッって誰かに押されて…」


…ははーんそれが私だと?


依仍「落ちた時に振り返ったら…あなた先輩が笑いながら見てて…」


はいっ!フラグ回収早女あなたです(?)


依仍「私が階段から落ちたことを確認すると…走ってどっか行っちゃったんです…」


北「らしいで。」


え?私に聞いてるの?
皆の目が私に注目してる…睨んでる


北「証言に間違いは?」


うん…


『ありすぎて言葉にできません』


侑「……ニヤ」


え?侑笑ってるんだけど…怖



──────色葉────────

なんかあなたちゃんキャラ崩壊してる??

深夜テンションって怖いね🌟((投げやり

やっと…やっと冬休みだ()

勉強して…部活やって…掃除して…忙しいなぁ👾

今日返ってきた全国共通学力テストの結果で数学・15点なんて口が裂けても言えない🙊