無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

勧誘
あなた目線

~次の日~


『早く帰りたぁい…』


そんな独り言を呟いていたとき声をかけられた。
しかも大人数で( (え


依仍「あなた先輩💓」


北「急にすまんな」


角名「こんにちはー」


治「昨日は腕掴んですんません」


侑「また会えたなぁ!」


『え…?なにこれ新手の誘拐ですか』


にしても人多いなおい←
しかも依仍ちゃんと北以外知らないんですけど


『えーっとあなた達だれ?…ハッ!』


私はハッとして昨日腕を掴まれた銀髪を見つけたとたんに腕を隠した


治「もう掴まへんて」


『あ、そう。で誰』


北「俺と依仍は知ってるな?」


『まぁうん』


侑「2年の宮 侑や!」


治「2年の宮 治で侑とは双子なんやで」


どうりで同じ顔が2つと
あと気になったのが


『ねぇ、スマホ向けんのやめてくんない?』


無言でスマホを構える狐に似てる子


角名「あ、あぁ2年の角名 倫太郎」


『自己紹介ありがとう。で、用件』


依仍「単刀直入に言いますね!バレー部のマネージャーやってください💓」


『え"無理』


「「「「え」」」」




──────作者────────
色葉でえええす🌟
お気に入り登録が…後少しで30…夢見たいですううう
いつもお世話になっております✨