無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

本当
北目線


北「あなた」


皆が体育館に戻ったけど俺は戻らんかった


『信介…戻らないの?』


北「まだ休憩やし」


泣くのを我慢してるような
そんな顔されて戻れるわけないやろ


『そう』


北「ほんまに足かけたん?」


『……』


北「あなた?」


あなたは何か考えとるようにみえた


『うん。引っ掛けた』


北「ほんま?」


信じられん、この間話したばっかやで?
ありえへんやん


『そうだって』


あなたは少し困ったようにいつもの真顔で答える


北「誰もかけたとこなんて見とらん」


『で?』


北「俺は信じひん」

~~~~~~~~~~~

あなた目線


北「あなた」


皆体育館に戻ったのに信介は1人だけ戻らないで私の前に立っている


『信介…戻らないの?』


何故戻らないのか気になり話かけてみる


北「まだ休憩やし」


『(あぁまだ全然時間あるじゃん…)』


侑に言われた"いる価値ないわ"
その言葉を思いだし泣きそうになってしまう


『(泣くな大丈夫泣くな)』


そう自分に言い聞かせ、平常心を取り戻す


『そう』


北「ほんまに足かけたん?」


やってないよ?やってないって言いたいけど


『(ここで本当の事を言ったらなにされるかわからない)』


北「あなた?」


信介に名前を呼ばれて我に戻った。何かされるぐらいなら…


『うん。引っ掛けた』


北「ほんま?」


『(あぁこの人はまだ信じてくれてるんだな)』


少しだけ嬉しくなった


『そうだって』


北「誰もかけたとこなんて見とらん」


『で?』


北「俺は信じひん」


『!!!』


その一言は今の私を救うには十分すぎる言葉だった



────作者───────

そろそろ深夜投稿やめろよな←色葉です!! 

🌟が65超えました😭

💬のことですが、💬くださったら絶対返します❗((こない