無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

やめてよ
あなた目線


今日はマネージャーで部室を掃除する日
ということで掃除をしているわけですが…


『依仍ちゃん』


依仍「なんですかー?あなた先輩💓」


『爪磨きしてないで掃除しようよ』


依仍「掃除なんてあなた先輩で十分じゃないですか?」


『でも仕事だから』


依仍「つれなぁーい💓」


つれなぁーい💓じゃなくて、掃除意外と大変なんだけど


依仍「あ!!」


『なに?』


依仍「私北先輩の所やりたーい!」


別にやってくれるだけありがたいか


『うん』


依仍「やったー!!」


───────────

はい、案の定ぐちゃぐちゃ


『これ掃除した?』


依仍「しましたよー!!」


えぇ後でやり直すか…


依仍「あ!!」


『次はなに?』


依仍「私あなた先輩にプレゼントあるのぉ!」


『は…はぁ?』


依仍「喜んでね」


『喜ぶも何もまだ見てないからね←』


依仍「これなぁーんだっ?」


『…は?』


依仍ちゃんがニコニコしながら取り出した物は皆ご存知



   "カッター"だ





────────作者────────────

色葉でっす🌟

🌟70超え ❤300超え 👀5000超え感謝します😌

今回のハイキューやばくないですか?
稲荷崎推しの私は泣きましたね号泣です明日から学校行きません()

今日中にもう1話あげる予定です💓