第23話

22話
2,284
2021/08/12 12:00










































































____



















     確かその日は水曜日だった 。








































































       午前中は 、任務があった



























伊地知
…… 五条さん ?
五条 悟
………… ん ?
五条 悟
 どしたの … ?
伊地知
ボーっとしてましたから 、、、
伊地知
大丈夫 ですか ?
五条 悟
… あ , うん 
伊地知
 なら , いいですけど …… 
五条 悟
……………












































































____





五条 悟
 はぁ ?? 今からまた任務 ? 
伊地知
… は , はい ………
五条 悟
 聞いてないんだけど ,
伊地知
 上層部 の 方が 急用で ……
五条 悟
…… めんどくせ …
伊地知
…………………、、






















































































____






五条 悟
…………………
































































































   目の前 には ほぼ 2週間以上

          帰ってなかった 家


































   
五条 悟
…… はぁ …












































































   はぁ と 溜息 をつき
    
          ドア を 開ける








































































____ ガチャ






























































































あなたの下の名前
おかえり ッ、!


































  扉 を 開けると ,

    バタバタ と 音がし , あなたの下の名前が きた














































































































































   嬉しそうな顔 で

   「 おかえり 」というあなたの下の名前





























五条 悟
…………
五条 悟
 ただいま、 
あなたの下の名前
… あ , ご飯あと味見するだけだから、
ちょっと待ってね
五条 悟
 うん、



































































 そう言い , とことこ と あなたの下の名前が台所へ向かう



































































































あなたの下の名前
…………( ♪
五条 悟
………………
























































   楽しそうに 鼻歌 を 歌っている あなたの下の名前














































   良いことでも あったのだろうか





















































































   普段 着ないような 服 を 着て ,

   お洒落 を してる あなたの下の名前






















 






























































































     なんだ , バレてないのか





































































































   そんな 最低 なこと を考え

    焦っていた感情 が フッ と消える

























































































































































   正直 いって ,

   少し くらいは 嫉妬 してほしいかった











































































































 



















































      ピロンッ スマホ が なる






























































胡桃沢 琥珀
『 夜遅くにすみません。
  肉じゃがつくりすぎちゃって
  良かったら食べに来て下さい!』
五条 悟
……………………











































_




あなたの下の名前
…よし…味は問題なし…
あなたの下の名前
悟、ごは______
五条 悟
あ、ごめん、今から任務入った
あなたの下の名前
………………え ?
五条 悟
今日は家に帰れないと思う、
あなたの下の名前
……え……ちょっと……
五条 悟
…………何 ?
あなたの下の名前
今から任務行くの、?






















































































































 驚いた 顔 で こっちを 見る あなたの下の名前















































五条 悟
うん、それが何 ?
あなたの下の名前
… ッ ! 
あなたの下の名前
…だってッ , 今日ッ__
五条 悟
 今日が何 ? 
五条 悟
 今日って何かあった ? 
あなたの下の名前
…………え……、?
五条 悟
ないなら、もういい ?
あなたの下の名前
あ、まっ___
五条 悟
じゃあ、行くから
あなたの下の名前
…………
























































































    スタスタ と 玄関へと 向かう























































__ バタン























































































































五条 悟
… はぁ ……














































































    ス ッ と スマホ を ポケット に しまう



































































































































     あの時 もしも 忘れていなければ





































































     もしも ____






















































































 今更 , 後悔 しても 遅いのだろう __
















































































































next
________________




    大体 ♡110 で 更新









プリ小説オーディオドラマ