無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

嘔吐恐怖症の木兎
注意⚠
嘔吐表現あります。

それが大丈夫の人はどうぞ!↓


部活後の自主練をしている木兎と赤葦。他の人は帰ってしまった。
木兎光太郎
木兎光太郎
もう一本❗
赤葦京治
赤葦京治
木兎さん!
タタタタタキュッバン(スパイクを打つ時の音)
赤葦京治
赤葦京治
(なんかいつもの木兎さんと違うような気が)
木兎光太郎
木兎光太郎
もう一本❗
赤葦京治
赤葦京治
木兎さん!
木兎光太郎
木兎光太郎
はぁはぁ(なんかいつもより体が重いような気がする。)
赤葦京治
赤葦京治
(もう疲れてる?!やっぱり体調が悪いのか?)
木兎光太郎
木兎光太郎
も、もう一本....
赤葦京治
赤葦京治
は、はい..木兎さん!
トントントントントンコロコロ(スパイクを失敗した)
赤葦京治
赤葦京治
(あれ?!木兎さん?)
木兎光太郎
木兎光太郎
あ、悪ぃあかーし。
赤葦京治
赤葦京治
木兎さん体調でも悪いんですか?
木兎光太郎
木兎光太郎
ギクッい、いや...げ、元気だぞ!
赤葦京治
赤葦京治
今日はもうやめにしましょう。
木兎光太郎
木兎光太郎
えぇーまだやろーあと10分だけ!
赤葦京治
赤葦京治
はぁぁ
木兎光太郎
木兎光太郎
お願い❗
赤葦京治
赤葦京治
わかりました。あと10分だけですよ?
木兎光太郎
木兎光太郎
ヘイヘイへーい❗
5分後
木兎光太郎
木兎光太郎
(な、なんか..急に気持ち悪くなってきた)
赤葦京治
赤葦京治
木兎さん?どうかしたんですか?
木兎光太郎
木兎光太郎
あ、赤葦、急に....気持ち悪く...なってきたゴポッ
赤葦京治
赤葦京治
?!  ちょっと袋持ってきます!
数分後
赤葦京治
赤葦京治
木兎さんこの袋に吐いていいですよ?
木兎光太郎
木兎光太郎
い、嫌だ
赤葦京治
赤葦京治
(もしかして木兎さん嘔吐恐怖症?)
そう木兎は小さい頃吐いた時に過呼吸になってしまい、嘔吐恐怖症となってしまったのだ。
赤葦京治
赤葦京治
木兎さん、吐いた方が楽になると思いますよ?
木兎光太郎
木兎光太郎
うっゴホッゲホッ嫌だ、吐きたくない
泣きそうな顔になっている木兎。
赤葦京治
赤葦京治
(木兎さんが泣きそうな顔になってるということは相当苦しいのか)
木兎光太郎
木兎光太郎
はぁはぁヒックグスッ
赤葦京治
赤葦京治
木兎さん、俺ここにいるので吐いても大丈夫ですよ
木兎光太郎
木兎光太郎
やだぁグスッ吐きたくない、怖い
赤葦京治
赤葦京治
大丈夫です。怖くありませんよ
数分後なかなか吐けない木兎。
赤葦京治
赤葦京治
(お腹押したら吐けるかな)木兎さん、お腹押しますね。
木兎のお腹をグッと押す赤葦。
木兎光太郎
木兎光太郎
うっゴポッはぁはぁグスッ
赤葦京治
赤葦京治
(押しても吐けないか)口開けてください
木兎光太郎
木兎光太郎
ん?あー(口を開ける)
すると、突然赤葦が木兎の口の中に手を入れた。
木兎光太郎
木兎光太郎
(赤葦が俺の口に手を入れてきた。めっちゃ苦しい)
木兎光太郎
木兎光太郎
あ..か、あし、苦しっいオェッ
赤葦京治
赤葦京治
(ダメか)1回抜きますね
赤葦が木兎の口から手を抜く。
木兎光太郎
木兎光太郎
オェッゴホッゲホッはぁはぁ
赤葦京治
赤葦京治
木兎さんもう1回頑張れますか?
木兎光太郎
木兎光太郎
や、やだぁグスッゴホッヒック
赤葦京治
赤葦京治
でもそれじゃ苦しいままなのでもう一度我慢してくださいね
赤葦がまた木兎の口に手を入れた。もう片方の手でお腹をググッと押した。
木兎光太郎
木兎光太郎
うっ....苦しっいオェッゲェェウェェ
赤葦京治
赤葦京治
(はぁよかった)
木兎が吐き始めて、赤葦が手をよけた。
木兎光太郎
木兎光太郎
はぁはぁヒックグスッ
赤葦京治
赤葦京治
もう大丈夫ですか?
木兎光太郎
木兎光太郎
コクン(頷く)
赤葦京治
赤葦京治
じゃあ服にもかかってしまったので着替えに行きましょう。背中のってください。
木兎光太郎
木兎光太郎
え、
赤葦京治
赤葦京治
吐いて少し楽になっただけなのでまだクラクラすると思いますよ?だから俺がおんぶして行きます。
木兎光太郎
木兎光太郎
じゃ、じゃあお願い
【着替えが終わり帰る準備】
木兎は赤葦に着替えさせてもらった。
木兎光太郎
木兎光太郎
(あかーし、俺が早く楽になるようにお腹押したり、口に手を入れたりしてくれた。俺の嘔吐物もかかってたし着替えまでしてくれた。)
木兎光太郎
木兎光太郎
俺の相棒が赤葦でよかった!ありがとうな❗
赤葦京治
赤葦京治
?!全然いいですよ。もう遅いので帰りましょう。
木兎光太郎
木兎光太郎
おう❗
吐いてすっかり元気になった木兎でした!
ここまで見てくれてありがとうございました。少し長めになってしまいました。次は何がいいかなぁ〜リクエスト、コメントで待ってます!それではさよなら!