無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1.

ドンッ_.




「 あ、すみません 」























これが、僕の初めての一目惚れだった.