無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6.


「 先生〜?…いないっぽい、 」

『 そ、そうですね 』

「 鞄貸して!あと、このタオルで拭いて、
着替えは… 」

『 ぁ、体操服、もってます 』

「 そっか!じゃ制服脱いだら渡して! 」

『 わかりました、 』

「 ごめんね、楽しみすぎちゃって、 」

『 気にしないでください、涼しくなったし笑 』

「 優しいね笑 」

“あの人”は優しく微笑んだ.