無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

21.


《 …けど、ちょっとずつ変わってった 》


《 委員会であんたと同じになってから、

 あんたに惚れて恋にまっしぐらになったの 》


《 恋をするなっていいたかったんじゃない 》





《 周りが何も見えなくなる恋なんて、

          してほしくなかったの 》




僕と同じ委員会になって、僕に恋をして.

僕しか見えなくなって、大事な友達を忘れた.

それがハナさんは悲しかったんだ.

一番に大切に思ってる人からお粗末な扱いを

受けることが悲しかったんだ.



『 ハナさんは、優しい人なんだね、 』


《 は、 》


『 僕が言っていいことじゃないかもしれない
 
 けど、友達をそこまで大切にできるのって
 
 本当に素敵だと思う、っ 』


《 なんなの、笑 》


『 僕は、友達もいないし、夢中になれる事も

 最近は諦めてたから何か一つを大切にしてる

 ハナさんって素敵だなって… 』


《 意味わかんない、笑 》


ハナさんはずっと重たいものを諦めた様に、

でもどこか吹っ切れた顔で笑った.