無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2.

高校2年生の僕はいつも下を向いて生きている.

髪を染めて、制服を着崩し、口の悪い、明るい人たち

とは正反対.

髪を染める事も、制服を着崩すことも、

荒い言葉遣いも、したことがない.

僕のことなんか何も知らずに、好き勝手言ってくる.

根暗、おたく、きもい、口を開けば悪口ばかりだ.



でも、あの人は違う.

顔しか分からない、名前も学年もわからない

けど、きっと違う.

わからないけど、感じるものがあった.



薄い紫の髪の毛にボタンの空いたカッターシャツ、

くりっとした目と色白の細い腕.

あの時、肩が当たった時、あの人の顔が、体が、

僕の目に飛び込んだ.








一瞬で恋に堕ちたんだ.