無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7.


ふぅ…

なんか、すごいことが起きた、、

あ、もしかしていま名前聞けるチャンス…??



『 着替えました、 』

「 お、俺も今干し終わったとこ 」

『 ありがとうございます 』

「 いえいえ、…君2年?? 」

『 ぁ、はい テンって言います 』

「 てん!覚えた! 」

…夢みたい.

一目惚れした人とこんな距離で会話をしてる.

一生分の運を使ったのか??



「 俺テヨン!3年だから関わりないね 」

『 てよん先輩 』

「 ん? 」

『 制服乾くまで、お話ししませんか…? 』

「 いいね、しよっか 」