無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3.

今日は、暑い.

また図書室に行こう.

北側にあるし、クーラーが3つもついてる.

4階にあるから校庭の様子がよく見えるんだよね.

まぁ、今は放課後だから誰もいないと思うけど.



別に、勉強が好きなわけじゃない.

趣味も、得意な事もないから、打ち解けれる

友達ができなくて.

家に帰っても暇だから、ここに来るようになった.

意外と勉強も楽しい時があったりするけど.



昨日の続きからやろうかな.

中途半端な所で寝ちゃったし.

ん、?

あれって…僕が一目惚れした人だ、



すぐにペンを置き、窓にのめり込むように外を見た.

お友達と水遊びしてるみたい.

水やり用のホース使ってる、あの人環境委員なのかな.

やっぱり、かっこいい.

白い肌に滴る水も、太陽の光できらきら反射する

紫の髪も、全部かっこいい.



名前知りたいな.