無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12.


鐘だ. 午後の授業が始まる.

行かないと、教室に.

重い体を持ち上げて、教室に向かう.



さっきのはなさんの言葉は何だったんだろう、

てよん先輩に近付くべきじゃないのかな、

これからどう過ごせばいいんだろう、

考えれば考えるほど頭がクラクラする…


あれ、教室ってこっちだっけ

視界が…ぼやける、

真っ直ぐ歩けない、



『 ぁ、やば…っ 』

危ないと思った瞬間、視界が真っ白になって

その場に倒れた.