無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22.


《 あ、思い出した 》

『 ? 』

《 一昨日てよん先輩に告白したんだけど 》

『 あっ、うん、 』



未だに、てよん先輩の話には敏感に反応してしまう.



《 なんか、よくわかんない返事されたんだよね 》

『 はぐらかされた、とか、? 』

《 ううん 》




《 心に引っかかってる人がいるって 》



心に引っかかってる…?



《 友達なんだけど 》


《 恋愛対象じゃないし、好きじゃないのに 》


《 ずっと引っかかってて忘れられないって 》



なんだ、なんだよ、それ

てよん先輩にはそんな人がいたの?

僕、てよん先輩のこと沢山知ってるつもり

だったのに.


告白の事も気まずい顔された事も思い出して

肩が重くなる.





あぁ、僕ほんとに振り向いてもらえないなぁ、