第7話

٭❀*
118
2021/02/17 06:00



それから、さらに1週間。





アンチに負けないで、あなたは学校にも仕事にも行けるようになった。





この時からだ。





あなたが、学校に行ける時は毎日一緒に、登下校しただしたのは。





みっちーとか、大吾くんには「過保護すぎっ。」って、よく言われてたけど、





そうでもしないと、枯れちゃいそうで。





“桜”が散ちゃいそうだったから。





でも、違う意味で散った。










『桜』





日本を代表する花。その花は、





散ったら、また次の春に“必ず”咲く花。





だから、僕はまた、










“桜”を咲かせてみせる。





ねくすと


プリ小説オーディオドラマ