無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

呼び出し
紀葉side

翔いきなり呼び出してなんだろ・・・
なんか怖いな・・・

トントン
櫻井翔
櫻井翔
はい、
ガチャ
櫻井紀葉
翔?いきなり呼び出してどうかした?
櫻井翔
櫻井翔
紀葉ちょっとこっち来て
櫻井紀葉
うん
向かいのソファーに座る
櫻井翔
櫻井翔
じゃなくて俺の横
櫻井紀葉
うん
座った途端、翔が私を抱き寄せてキスをしてきた
櫻井翔
櫻井翔
ちゅ、ちゅ、ちゅ、ちゅ
櫻井紀葉
どうしたの?しょう?
翔は何も答えずひたすらキスをしてきた
だんだん深くなるキスに
櫻井紀葉
はぁ、ん
櫻井翔
櫻井翔
ん、
紀葉、俺以外の男の身体触るなよ
櫻井紀葉
ん?触ってないけど?
櫻井翔
櫻井翔
無意識か…
櫻井紀葉
櫻井翔
櫻井翔
さっき職員室でさ男の先生達が紀葉の事話しててあの先生ボディータッチ多いって
あの先生抱いてみたいって
櫻井紀葉
櫻井翔
櫻井翔
とりあえず気おつけて
櫻井紀葉
分かった
櫻井翔
櫻井翔
そろそろ行くか!
櫻井紀葉
うん、そうだね
よかった、別れようとかじゃなくて…
ガチャ

国語準備室を出ると
あなた

先生!

櫻井紀葉
あなたちゃん?
中島健人
中島健人
迷子になっちゃって
櫻井翔
櫻井翔
じゃあ俺らと一緒に行こっか
櫻井紀葉
5組だっけ?
あなた

はい!