無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

デート①
あの日のあと言葉が嘘だったかのように、

杏奈は普通に接してきた





杏奈
はーやと!おはよ!
おはよう
杏奈
デートの事なんだけどさ、
うん
杏奈
…隼に、任せちゃ、だめかな?
えっ
杏奈
あ、全然、無理だったらいいんだけどさ…
…いいよ!僕考えてみる!でもあんまり期待しないで
杏奈
うん、ありがとう!





僕がデートプランを考えることになった…















どうしよう











部活の休憩時間に、亜嵐くんに聞いてみようかな




あーらんくん!お疲れさまです!
亜嵐
…おつかれ
どうしたんですかー?元気ないじゃないですかー
亜嵐
…それ、分かってて言ってるだろ絶対




亜嵐くんも、単位数が足りなかったらしい



すみません。…そういえば、僕、
亜嵐
うん
…デートプラン、考えることになったんですよ
亜嵐
えっ?
杏奈とデートするんです〜
亜嵐
…そっか



多分この時亜嵐くんは、

この間の話を思い出したんだと思う。






しっかり、考えます。杏奈のこと



僕は、そう宣言した。




亜嵐くんと、自分に。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ソルトサン
ソルトサン
💥LOGOUT💣 👋GOODBYE💔
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る