無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

体育祭③
杏奈
ここ、どこ…?
目を開けると、自分がどこにいるのか分からない錯覚におそわれた












でも、





横を見ると…



あっ、起きた。…杏奈、大丈夫?
杏奈
え?…どういうこと?
さっき、リレーの練習してたじゃん
杏奈
あ、そっか









隼は、説明をしてくれた







































杏奈!


僕はそう叫んで駆け寄った。

…でも、意識を失ってるみたいだった







自分でもびっくりするくらい必死に

保健室まで連れて行った















保健室に行くと、また先生は居なかった






あの時を、思い出した…























説明を終えると、杏奈は、


杏奈
…てことは、ここは保健室?
うん、そうだよ
杏奈
えっ



僕は、杏奈が考えてることが分かった


同じこと、考えてた





大丈夫、…変なことしたりしないし、
杏奈
…続きは?



これほど自分のうっかりを呪ったことはない




大丈夫、…変なことしたりしてない。
杏奈
ちがくて、さっきの続き。
…変なことしたりしてないし、の続き
いや、あの、変なこと、したりしてないし、
してない、って言おうとしたけど…
杏奈
…したの?
キスだけ…
杏奈
…き、キス?!何言ってんの
ごめん





僕が謝ると、先生が来た



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ソルトサン
ソルトサン
💥LOGOUT💣 👋GOODBYE💔
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る