無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

玲於④






隼に、もう一回ちゃんと謝ろう。

ちゃんと、話をしよう。







そして。














杏奈ちゃんのこと、諦めよう…



































私は、考え事をしてて授業に集中できなかった。







杏奈
夏恋…
わたしは、さっきのことを、全部夏恋に話した。







授業中だけど…。









夏恋
そっ、か。…なんかごめん。
杏奈
え、なんで?
夏恋
だって私がちゃんと話してたらそんなことになってないもんね
杏奈
夏恋のせいじゃないよ!
夏恋
でも、謝らせて。ごめん。
杏奈
…うん。
夏恋
隼くんと玲於くんは、まだ仲直りできてないの?
数原先生
…おい、そこ、聞いとらんやろ。
杏奈
えっ…
数原先生
ほな、ここ、解いてみぃ
夏恋
えっと…
杏奈
どうしよう…
せんせー、杏奈、具合悪いそうですけど
数原先生
あ、そうなんか。ごめんな。じゃあ、隼、保健室に




言い終わる前に隼は動いていた
行くよ。…はやく
手を差し出されて、
杏奈
うん
一緒に保健室に行った。








夏恋をみたら、困った顔をしてたように見えた。















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ソルトサン
ソルトサン
💥LOGOUT💣 👋GOODBYE💔
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る