無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

体育祭⑨






杏奈にバトンを渡されて、走った。

僕は、今までにないくらい必死だった。







正しくは、杏奈が倒れた時と同じくらい





















玲於とはだいぶ距離が離れていた。でも…










杏奈
はやとーっ!がんばれ!




そんな声が聞こえた。














玲於の隣に並んだら、すごく驚いた顔をしてた。




























ほぼ、同時にゴールした

本当に、審判が発表するまで、どっちが1位なのか分からなかった。



















審判
ただいまの結果を発表します







ついに、発表される…














審判
激しい戦いの結果、第1位は…











みんなが、緊張していた













審判
3組、ピンクチームです


































僕と杏奈のクラスは、




















































































































1年3組だった





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ソルトサン
ソルトサン
💥LOGOUT💣 👋GOODBYE💔
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る