無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

高校生活②
同じクラスに、隼がいる。







夏恋
ねぇ、やっぱり、話してもいい?あのこと。
杏奈
…多分夏恋がいま話そうとしてること、もう、聞いたよ?
夏恋
あ、そうなんだ…だれに?
杏奈
玲於、くん




なんか久しぶりにこの名前を口にした




夏恋
そうなんだ…だからずっと隼くんの話してなかったんだね。
杏奈
うん。連絡は、たまにとってるくらいで、会ってない。
夏恋
…なんで同じクラスにいるの?
杏奈
わたしもわかんないよ…だって、学年違うし、




もう、なんで?!






せっかく、



忘れようとしてたのに、












思い出しちゃったじゃん…























夏恋は何か言おうとしたけど、



とりあえず歩いて教室に向かって歩き出した。














夏恋
杏奈…ほんとに、いるよ






ほんとに、隼が、いる。


席に座ってる。


まだ信じられない
杏奈
うん。…教室、入ろ



目があった。






隼くんが、私に向かって歩いてくる。






ねぇ、僕、留年しちゃった











急に、こんなことを言われた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ソルトサン
ソルトサン
💥LOGOUT💣 👋GOODBYE💔
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る