無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

お花見③
隼から、今まで身体目当ての気持ちがあった、

ホントの好きじゃなかった

って聞いたとき、なんて言っていいか分からなかった。







正直ショックでもあった。









でも、話してくれたし、ちゃんと考えてくれるって聞いて

良かったっておもった。











だから私はこう言った








杏奈
…話してくれて、ありがとう
うん。
杏奈
これからも、いろんなところ行こう!
うん!










僕は、杏奈がもっとショックを受けるんじゃないかと思った






でも受け止めてくれた。
























杏奈
じゃあ、また明日ね!
うん。じゃあね





こうして1日が終わった