無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

体育祭②
杏奈
…めっちゃ緊張するんだけど、どうしよう
夏恋
んー?
杏奈
…だってさ、私が、隼にバトン渡すんだよ?!
夏恋
よかったじゃん
杏奈
しかも、隼と玲於くんと亜嵐くんがアンカーだよ
夏恋
あー、楽しみ!
杏奈
ちょっと、面白がらないでよ!
夏恋
ごめんごめん!
杏奈
もー
夏恋
そういえば、裕太は騎馬戦出るって言ってた!
杏奈
そうなんだ!
夏恋
応援、頑張んなくちゃ
杏奈
私も、いろいろ頑張ろ…
裕太
夏恋!ちょっといい?
夏恋
うん!…ちょっと、行ってくる
杏奈
いってらっしゃーい








隼と、ああいう風に付き合えるのかな…

































いよいよ、リレーの練習が始まった…







杏奈
はいっ!
はい!



バトンパスの練習をしてるんだけど、なかなかタイミングが掴めない…


杏奈
んー、あと2歩ぐらいかなー
じゃ、もう一回ね




隼はもともと体力があるんだけど、

わたしはどちらかというと短距離向きで

そろそろ疲れてきた…






杏奈
ふぅ…
…杏奈、大丈夫?
杏奈
…うん、平気
無理だけはしないでね
杏奈
ありがと

やっぱり、大丈夫じゃないかも…





少し休もうと思ったその瞬間







































杏奈!























遠くで、隼の私を呼ぶ声が聞こえた…







シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ソルトサン
ソルトサン
💥LOGOUT💣 👋GOODBYE💔
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る