無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

デート③
杏奈、おはよー
杏奈
おはよう!はやと!
デートの事なんだけど、
杏奈
あ!もう考えてくれたの?
うん。…お花見、どうかな
杏奈
…私も、お花見したい!
じゃあ、決まりだね
杏奈
うん!




お花見だ!





隼が考えてくれて嬉しいな…


















服とか考えなきゃ…

あと、メイクも…




楽しみだなー












…夏恋に報告しよう


杏奈
夏恋!隼とお花見いくことになった…?どうしたの?
夏恋
…あ、ごめんね
杏奈
何か、あった?
夏恋
…最近裕太と、上手く行ってない気がする
杏奈
…そう、なの?
夏恋
学年違うとさ、やっぱり…
杏奈
夏恋
あ、ごめん。べつに変な意味じゃないんだけど
杏奈
うん
裕太
夏恋!
夏恋
…裕太?
杏奈
いってきな!…よかったね
夏恋
うん、ありがと!









どうやらふたりは同じことを考えていたようで、

また仲良くなれたらしい。










話を聞くと、隼のおかげ、だとか。










…どういうことなんだろう























数週間が過ぎ、ついにお花見の日がやってきた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ソルトサン
ソルトサン
💥LOGOUT💣 👋GOODBYE💔
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る