無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

体育祭⑩





リレーを最後に、今年の運動会は終わった。














隼は1位で、玲於くんは2位だった。

亜嵐くんは、3位だった



















杏奈
いつ告白されるのかな…?
夏恋
んー、忘れてるなんてことはないと思うけどね〜

私は夏恋にそのことを話した。




















そして、最後の組集会が始まった









隼は1年生の副組頭だったから、あいさつをしてた。





今まで、僕たちリーダーについてきてくれて
ありがとうございました!


みんなが、おぉー、とかいぇーい、とか言う。
リレーでは、無事1位になることができました!


友達が、おめでとー!、と言う
多分、普通に走ってたら、1位にはなれなかったと思う。
僕が1位になれたのは、ある人のおかげでした!


みんながざわつき始める…







そして目が合う


杏奈
えっ、なに、わたし?
1年3組の杏奈さん、前に出てきてください!



大声で呼ばれて、隼の前に行った

またみんながざわつく




僕は、杏奈のことが好きです!
杏奈
えっ…
もう一度、僕と付き合ってください!
杏奈
…よろしくおねがいします!



これが公開告白…!










どこかで、あの隼が…?、という声が聞こえた。


すると、隼にも聞こえていたらしく、


杏奈のことが本気で好きです!もう傷つけないって約束する!
杏奈
ありがとう


そう言うとみんなから、おめでとー、と言う声が聞こえてきた
夏恋
杏奈!おめでとー!
亜嵐
おめでと〜
裕太
よっしゃ!おめでと!

















































































玲於くんの姿は、なかった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ソルトサン
ソルトサン
💥LOGOUT💣 👋GOODBYE💔
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る