無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

夏祭り










夏!


夏といえば、プール、海…






















そして…




















裕太
なぁなぁ夏恋
夏恋
なに?裕太
裕太
…夏祭り、一緒に行かへん?
夏恋
うん!行く!
裕太
よかったぁ
夏恋
私もちょうど言おうとしてた
裕太
偶然やなー







浴衣、来ていこうかな




髪はお団子で、下駄も履いていこう!







楽しみだなー













裕太
夏恋、浴衣着るん?
夏恋
うん、着ようかなって思ってたけど、裕太は?
裕太
…俺も、着よかな
夏恋
ほんとに?!楽しみ〜


夏恋の浴衣、絶対かわいいよなー




想像しただけでドキドキしてきた…








裕太
楽しみやな
夏恋
だね!












ついに夏祭りの日!










家に来る予定だったから待っていた。







裕太
かれーん
夏恋
あ!裕太!…ちょっと、待ってて
裕太
はいよー







準備が終わったら下に降りていった








夏恋
おまたせ!行こ!
裕太
うん!









ふたりで歩いて行った




夏恋
はじめてだなー
裕太
なにが?
夏恋
…彼氏と、お祭り行くとか
裕太
…俺も
夏恋
はじめての彼氏が裕太だよ
裕太
夏恋のはじめては全部俺がもらったる










久しぶりにドキッとした








夏恋
裕太、今日の夜は私の家で
裕太
わかってる。…ほな、行こか!何食べたい?
夏恋
んー、まずは、りんご飴!
裕太
多分、あっちだよね
夏恋
うん!
裕太
…手
夏恋
…うん









裕太の手は本当に落ち着く







夏恋
裕太の手ってなんか落ち着くな〜
裕太
俺も、夏恋の手にぎってると落ち着くで
夏恋
そう?
裕太
おん
夏恋
あ、ついた!
裕太
半分こする?一個ずつ食べる?
夏恋
…一緒に食べる
裕太
なに照れてんねん
夏恋
裕太が悪いんだもん
裕太
ほら、食べよ

いま、ふたりで順番に食べている










裕太
次、夏恋
夏恋
うんっ…えっ





りんご飴を食べようとしたら…





夏恋
ゆ、うた?
裕太
…夏恋がりんご飴食べてるところみたらキスしたくなってもうた
夏恋
…好き
裕太
俺も

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ソルトサン
ソルトサン
💥LOGOUT💣 👋GOODBYE💔
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る